MENU

老眼鏡にしようか?それとも目の体操?やっぱり老眼サプリメント?

現在45歳の私ですが、ぼちぼち近くの物が見えにくくなってきてしまいました。元々近視と乱視なので日常生活では眼鏡やコンタクトをしているのですが、特にコンタクト装着時には焦点を合わせるのがとても難しくなっています。ほぼ近くの物は見えていないといっていいほどです。眼鏡の時はまだよいのですが、それでも若干ピントが合いづらいと感じることもあります。

 

 

近視と乱視持ちの私には老眼鏡というものが作れるのだろうか?と思うのですが、まだ現実を受け入れる勇気とでもいうのか、そんなものがないため眼鏡屋さんには行けずにいます。実際私のような視力の悪い人はどうしているのでしょうか。

 

 

 

よくTVなどで目の中の筋肉というかの体操の一環で近くと遠くを交互に見ることを紹介されていますが、最初は張り切ってやるものの安定の三日坊主です。情けないですよね。訓練すれば回復するらしいのですが、日々の喧騒に追われてそのような余裕すらありません。本当はしっかりケアしなければと思っているのですが。今のうちにケアしておけば今後少しは楽になるのかもしれないし、一日一回くらいはその訓練をしてみようかと思っています。

 

 

それかやはり定番の老眼サプリメントを試そうかと考えています。飲むだけなら、三日坊主で終わる可能性も低いだろうし。

 

 

ただ、老眼サプリメントと一言で言っても今は種類がたくさんあって、どれにしたらいいのか?迷ってしまいます。

 

 

関連ページ

目の悪い人でも老眼になります。私は「えんきん」で対策中!
目が悪い人でも老眼にはなりますよ。私は「えんきん」で少し良くなりました。
老眼に気づき。サプリメントにチャレンジしようと思っています。
老眼に気づいてしまいました。今からでもサプリメントに挑戦できるだろうか?
眼鏡を変えた時に気づいた老眼。サプリメントはまだ不要。
眼鏡を新しく新調した時に老眼に気づいてしまいました。サプリメントは今はまだいらない?
老眼には眼球運動とサプリメントで対策。
私が実践している老眼対策は眼球運動とサプリメントです。
老眼って一気にでるんですね。今はサプリメントを飲んでます。
老眼は一気にきますよ。サプリメントで対応はしていますが・・・。
老眼のメカニズム!毛様体筋と水晶体の働きが重要!近視、遠視、乱視の違いは?
老眼のメカニズムを知る事こそが老眼対策の近道です。ポイントは毛様体筋と水晶体!近視、遠視、乱視の違いなどの解説も!
近視だと老眼にはなりにくいは嘘!老眼になりやすい人の特徴!
近視だと老眼になりにくいっていうのは嘘です。誰でも老眼にはなるんですよ。老眼になりひやすい人とはどんな人だと思いますか?
老眼を予防する栄養素!抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eがおすすめ!
老眼を予防したいときに摂るべき栄養素として、ビタミンA、C、Eがあります。抗酸化作用の栄養素は老眼予防にもおすすめです。
目薬のパッケージにあるビタミンB1、B2、B6、B12と目の健康!
目薬のパッケージに記載されているビタミンB1、B2 、B6、B12にはどんな効果があるのでしょうか?どう目の健康に役立ってくれているかを解説しています。
ブルーベリーは老眼に効果なし?毛様体筋をほぐし、血流を改善に効果あり!
ブルーベリーは老眼に効果がない、そんな意見もありますが、本当なのでしょうか?ブルーベリーには毛様体筋をほぐしたり、血流を改善する効果があるんですよ。
目が疲れたら赤ワインで乾杯しよう!強い抗酸化作用と血流改善効果あり!
もし、今日は目が疲れたな〜と思ったら赤ワインがおすすめです。赤ワインには強い抗酸化作用と血流の改善効果が期待できますから。
老眼対策や目の健康に良い栄養や機能まとめ!多く含まれる食べ物の紹介も!
老眼対策や目の健康に役立つ栄養やその機能についてまとめました。またその栄養が多く含まれている食べ物の紹介付きです。
老眼サプリメントに含まれる栄養と関わりが深い抗酸化作用。
老眼サプリメントに含まれている栄養素ととても関わりが深いのが抗酸化作用です。これっていったいどんな作用で、老眼にどう役だってくれるのでしょうか?
目を元気にしてくれるお茶。老眼対策にも使えるお茶!
目を元気にしてくれるお茶の紹介をしています。老眼の予防に役立ちますので、チェックしてみてください。
老眼予防には外出時のUVカットサングラスも大事!
老眼を予防するためには紫外線対策も大切です。ですので、外出時はできるだけ紫外線カットのサングラスをするのがおすすめ。
老顔になった時の老眼鏡の選び方!メガネが嫌ならコンタクトレンズも!
老顔になった時の老顔鏡の選び方。あまり老顔鏡に頼りきるのはおすすめできないですが、必要に応じで使うのであればおすすめできます。またメガネが嫌ならコンタクトレンズという選択肢も。
手元のピントが合わない場合のチェック項目!老眼ではなく目の病気の可能性も。
手元のピントが合わない、見えずらい、そんな時にチェックすべき項目を作りました。目の病気が潜んでいる場合もあるのでチェックしてみてください。