MENU

老顔鏡はおすすめできない?

老顔になった時の老眼鏡の選び方!メガネが嫌ならコンタクトレンズも!

老眼の症状を感じはじめた時に、対策として思い浮かぶものに老眼鏡があります。

 

 

食べ物やサプリメントで栄養を摂ろうとするよりも、きっと老眼鏡で対策しようと思う人の方が多いのではないでしょうか?

 

 

ただ、あまり早い時期から老眼鏡に頼ってしまうのはおすすめできません。

 

 

老眼鏡に頼って、目の老化防止ケアを怠ると、目は老化していく一方だからです。

 

 

ただ、現状で老眼がそれなりに進んでいるのであれば、目に余計な負担をかけないためにも老眼鏡をした方が良い場合もあります。

 

 

では、そんな場合に老眼鏡をかけるとしたら、どんな老眼鏡が良いのでしょうか?


老顔鏡の選び方

老眼鏡には大きく「単焦点レンズ」(老眼の「近視用)に合わせたもの」と、「多焦点レンズ」(1枚のレンズで、複数のピントに合わせられるもの)の2つのタイプがあります。

 

さらに、多焦点レンズの中には、2つのピントがあわせられる「2重焦点レンズ」、3つのピントが合わせられる「3重焦点レンズ」、遠用から近用まで、境目を目立たせずにだんだんとピントを変えられる「累進多焦点レンズ」の3つがあります。

 

 

とりあえず、手元の見えづらさを解消したいという場合であれば、近視用の単焦点レンズがおすすめです。

 

遠くを見る時には取り外す手間がかかりますが、多焦点とは違って、なれるのに、時間がかからず、疲れにくいと言うメリットがあります。

 

一方多焦点レンズは1枚で近くも多くもピントが合わせられるので、取り外す手間がいりません。

 

その分、慣れるまでには違和感があるかも知れません。

 

 

例えば、「2重焦点」や「3重焦点」のものでは、レンズに境目があり、それが気になってしまう場合もあるでしょう。

 

そうしたデメリットを補っくれるのが、「累進多焦点」です。

 

ただ、このレンズの場合も様々な距離に対してピントが合わせられる面積が狭いため、その見え方に慣れるのに多少時間がかかることもあります。

 

つまり、どのタイプを選ぶのにも一長一短があるんですね。

 

どのタイプを選ぶかは、自分で老眼鏡をかけて何をメインに見たいかがポイントになります。

 

毎日の生活の中で、近くのものを見ることが多いのか。仕事などの関係で近くも遠くも見られた方が良いのか。その場合、取り外す手間が気になるか、気にならないか。

 

そんな具合に、自分のライフスタイルを振り返りながら、用途にあった老眼鏡を選ぶようにしましょう。

 

 

ただ、老眼鏡をかける場合に必要な注意点としては、老眼鏡に100%を求めない事です。

 

自分の目に完璧に合う老眼鏡を探すよりも、そこそこ合う老眼鏡を一つ持って、「見づらいな」と感じた時に使うようにします。

 

それが老眼鏡との上手につきあっていくコツです。


メガネが苦手なら老眼用のコンタクトレンズもある。

今までメガネをかけた事がない人にとっては、老眼鏡をかけることに抵抗を感じる人もいるかも知れないですね。

 

そんな人は老眼用のコンタクトレンズがあるので選択肢の一つとして考えても良いかも知れません。

 

コンタクトレンズには、大きく「ハード」と「ソフト」がありますが、この2つの決定的な違いは、装着感と見え方です。

 

感じ方は人それぞれですが、試しに両方付けてみて、自分にフィットするものを選ぶ問い委でしょう。

 

参考までに、ハードとソフトを生活スタイルごとにハードとソフトのどちらを選んだら良いのかを挙げておきます。

 

ハードがおすすめな場合
・仕事糖でパソコン作業が多い
・趣味がスポーツ(激しいスポーツ以外)
・夜勤のある仕事をしている

 

ソフトがおすすめな場合
・外回りが多い仕事
・激しいスポーツ(野球やラグビー、バスケットボールやサッカーなど)

 

 

いずれにしてもコンタクトレンズはメガネほど簡単にかけたり外したりができません。

 

しかも、遠近両方の多焦点レンズの場合、慣れるまでに時間がかかります。

 

ですので、老眼による見えづらさの解消には「コンタクトレンズ」よりも「メガネ」の方が使い勝手は良いと言えそうです。

 

これは近視等で通常のコンタクトレンズを使用している人にも言えることです。

 

具体的には、手元が見えづらい時には、今のコンタクトレンズを装着したまま、老眼鏡をかける。実際、その方が目の疲れが少ないのではないかと考えられます。

 

また、老眼用のコンタクトレンズの使用を避けて欲しい場合としては「夜間の車の運転」。

 

老眼用のコンタクトレンズは、暗い中では見え方が著しく低下するので、事故につながりかねないからです。

関連ページ

目の悪い人でも老眼になります。私は「えんきん」で対策中!
目が悪い人でも老眼にはなりますよ。私は「えんきん」で少し良くなりました。
老眼鏡か目の体操か老眼サプリメントか?
老眼鏡にした方がいいのか?それとも目の体操か?老眼サプリメントか?
老眼に気づき。サプリメントにチャレンジしようと思っています。
老眼に気づいてしまいました。今からでもサプリメントに挑戦できるだろうか?
眼鏡を変えた時に気づいた老眼。サプリメントはまだ不要。
眼鏡を新しく新調した時に老眼に気づいてしまいました。サプリメントは今はまだいらない?
老眼には眼球運動とサプリメントで対策。
私が実践している老眼対策は眼球運動とサプリメントです。
老眼って一気にでるんですね。今はサプリメントを飲んでます。
老眼は一気にきますよ。サプリメントで対応はしていますが・・・。
老眼のメカニズム!毛様体筋と水晶体の働きが重要!近視、遠視、乱視の違いは?
老眼のメカニズムを知る事こそが老眼対策の近道です。ポイントは毛様体筋と水晶体!近視、遠視、乱視の違いなどの解説も!
近視だと老眼にはなりにくいは嘘!老眼になりやすい人の特徴!
近視だと老眼になりにくいっていうのは嘘です。誰でも老眼にはなるんですよ。老眼になりひやすい人とはどんな人だと思いますか?
老眼を予防する栄養素!抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eがおすすめ!
老眼を予防したいときに摂るべき栄養素として、ビタミンA、C、Eがあります。抗酸化作用の栄養素は老眼予防にもおすすめです。
目薬のパッケージにあるビタミンB1、B2、B6、B12と目の健康!
目薬のパッケージに記載されているビタミンB1、B2 、B6、B12にはどんな効果があるのでしょうか?どう目の健康に役立ってくれているかを解説しています。
ブルーベリーは老眼に効果なし?毛様体筋をほぐし、血流を改善に効果あり!
ブルーベリーは老眼に効果がない、そんな意見もありますが、本当なのでしょうか?ブルーベリーには毛様体筋をほぐしたり、血流を改善する効果があるんですよ。
目が疲れたら赤ワインで乾杯しよう!強い抗酸化作用と血流改善効果あり!
もし、今日は目が疲れたな〜と思ったら赤ワインがおすすめです。赤ワインには強い抗酸化作用と血流の改善効果が期待できますから。
老眼対策や目の健康に良い栄養や機能まとめ!多く含まれる食べ物の紹介も!
老眼対策や目の健康に役立つ栄養やその機能についてまとめました。またその栄養が多く含まれている食べ物の紹介付きです。
老眼サプリメントに含まれる栄養と関わりが深い抗酸化作用。
老眼サプリメントに含まれている栄養素ととても関わりが深いのが抗酸化作用です。これっていったいどんな作用で、老眼にどう役だってくれるのでしょうか?
目を元気にしてくれるお茶。老眼対策にも使えるお茶!
目を元気にしてくれるお茶の紹介をしています。老眼の予防に役立ちますので、チェックしてみてください。
老眼予防には外出時のUVカットサングラスも大事!
老眼を予防するためには紫外線対策も大切です。ですので、外出時はできるだけ紫外線カットのサングラスをするのがおすすめ。
手元のピントが合わない場合のチェック項目!老眼ではなく目の病気の可能性も。
手元のピントが合わない、見えずらい、そんな時にチェックすべき項目を作りました。目の病気が潜んでいる場合もあるのでチェックしてみてください。