MENU

老眼サプリメントに関するコラムや体験談のカテゴリー。

老眼サプリメントに関するコラムや体験談などを掲載しています。

老眼サプリメントに関するコラム記事一覧

私は、学生の頃は視力が両目共に1.5はありました。その後学校を卒業してからはシステムエンジニアになり仕事をしていたのですが、みるみる視力が下がり、両目もとに0.2になってしまいました。明らかに目を酷使していことが原因です。視力が低下してしまってからは、普段の生活では眼鏡が必須になっています。そして、最近なのですが、私自身に老眼が始まった事に気が付きました。目が悪い人は老眼にならないと聞いていたので...

現在45歳の私ですが、ぼちぼち近くの物が見えにくくなってきてしまいました。元々近視と乱視なので日常生活では眼鏡やコンタクトをしているのですが、特にコンタクト装着時には焦点を合わせるのがとても難しくなっています。ほぼ近くの物は見えていないといっていいほどです。眼鏡の時はまだよいのですが、それでも若干ピントが合いづらいと感じることもあります。近視と乱視持ちの私には老眼鏡というものが作れるのだろうか?と...

私が老眼に気づいたのは、40歳ぐらいの頃、何気なく食事をしていたときのことです。炊きたてのほかほかご飯を普通に食べようとしたときでした。ご飯をお箸に乗せて口の近くへ持ってきたら、なぜかご飯のツヤがなくなってしまったのです。あれっ、と思ってお箸を遠ざけるとツヤが戻っていました。気を取り直してもう一度ご飯を食べようとするとまたツヤがなくなりました。私は、高校生の頃から近眼で眼鏡やコンタクトレンズのお世...

それに気が付いたのは、眼鏡の度数を調整しに行った時の事でした。愛用の眼鏡で視力検査をしてもらうと、0.5までしか見えなかったので、また近視の度が進んでしまったと思い、新しい眼鏡で1.0まで見えるように調整してもらいました。眼鏡を新しくした時は、世界がクッキリ、ハッキリ見えて、妙に心が踊ります。爽快に自転車をこぎ帰宅。颯爽とパソコンデスクに着席。そして、悲劇に気づきました。文字がぼやけて見えない!!...

昔から読書が好きすぎて目が相当に悪いにですが、遠くが見えないだけで近くはいつまでも見えるものだろうと勝手に思い込んでいました。それが大好きな「はなまるうどん」を食べていた時です。急に買って乗せていた、パリパリのかき揚げが良く見えなくなったのです。最初はメガネの汚れなのかと思ってレンズを拭いてみたりもしたのですが、やはり視界が悪いままでした。あぁ、ついに自分にも老眼を実感する日が来たのかと肩を落とし...

若い時から軽い近眼でしたがめがねを常にかけなくてはいけないほどでもなく、映画を観るときなどにめがねをかけた方がくっきりきれいに見える程度でした。40代はじめに旅行を計画した時にワンデイのコンタクトレンズなら景色もきれいに見えるし使い捨てだから便利だろうなと買ってしまったのが大失敗でした。コンタクトレンズをつけてると遠くの景色がよく見えてうれしくなって会計を済ませて、外に出たときにふと携帯を見ると画...

外から入ってきた光は角膜と水晶体を通って、眼底にある網膜に映像となって映し出されます。その映像情報が視神経を通って脳に伝えられるというプロセスによって私たちはモノを見ています。網膜にはっきりと映像を映し出すためにピント調節の役割をしているのが、水晶体と毛様体筋です。毛様体筋が縮んだり伸びたりする事で、水晶体の厚みを変化させ、近くを見る時は厚く、遠くをみる時には薄くしてピントを調節しているんです。で...

もともと近視の人は老眼にはなりくい、という話を聞いた事がある人は多いと思います。ですが、近視の人であっても老眼の症状であるピント調節機能は低下します。確かに近視の人の中には、老眼が気になるぐらいの年齢になっても近くのものを見るのに苦労しない人はいます。ですが、それは近視特有の屈折異常によって近くにピントが合わせやすくなっているからです。ただ、近くにピントが合わせやすくなっているからと言って老眼にな...

最近目のピントが合わない事が多いような気がする、もしそう感じはじめた時に意識して取って欲しい栄養素があります。それは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。老眼に良い栄養素としてよく知られているのはアントシアニンやアスタキンサンチン、ルテイン、DHAなどがありますが、普段の食事から満足のいく量を摂るには難しい栄養素です。ですが、ビタミンとしてはビタミンA、C、Eであれば普段の食事から摂りやすい栄...

目薬のパッケージを見ると、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」「ビタミンB12」といったいろんなビタミンBが記載されているのを見た事はないですか?もちろん、目の健康に役立つからですが、どのように役立っているのかをここではみていきたいと思います。中でも目に必要なのが、ビタミンB1とビタミンB12。ビタミンB1は、体のエネルギーをつくる時に大きな役割を担ってくれる栄養素です。不足すると...

老眼に良い食べ物と聞いて、一番最初に思いつくのはやっぱりブルーベリーではないでしょうか?ブルーベリーのサプリメントは今や老眼対策だけではなくて、パソコンやスマホなどで目を酷使する現代人には必需品のような扱いにさえなっている気がします。では、ブルーベリーが老眼に良い理由は何なのか?そこが大切ですね。ブルーベリーが老眼に良い理由ブルーベリーには、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」という成分が...

赤ワインが好きな人に朗報です。もし、目が疲れたな?と思ったら、その夜は赤ワインで乾杯してください(笑)。なぜなら、赤ワインには、「体」にも「目」にも良いレスベラトロールと呼ばれる目にいい成分が入っているからです。レスベラトロールはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持ち、がん細胞増殖の抑制、動脈硬化や高血圧の改善にも効果がある事が分かっています。目に関していえば、血流改善の効果があり、アントシ...

栄養機能多く含まれる食べ物ビタミンA夜盲症などの予防。粘膜や皮膚を正常に保つ機能もあり、体がウィルスから守られ、免疫力の向上に役立つ。鶏レバー、卵黄、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、春菊、小松菜、大根の葉、しそ、にら、ほうれん草、赤ピーマン、パセリ等々。ビタミンC全身の老化を予防。コラーゲンの生成を促進し、シミのもとになるメラニン色素の沈着を予防。また、動脈硬化などの予防にも役立ち、他には疲労の回復...

老眼サプリメントには老眼を少しでも改善するために抗酸化作用のある成分が含まれているのが一般的です。ところで、この抗酸化作用とはいったいどんな作用なのでしょうか?抗酸化とは抗酸化とは、読んで字のごとく、酸化に抵抗するという意味です。では、酸化とは何かと言えば、「さびること」です。鉄などの金属は、そのまま放置しておけば、だんだんと変色して錆びていきますよね。この原因が「酸化」です。金属が酸素と結びつい...

お茶の中には目を元気にしてくれる成分が入っているものがたくさんあります。目を元気にすることは老眼予防にもつながるので、日々の生活に取り入れられてみてはいかがでしょうか?アイブライトアイブライトは、日本名でコゴメ草と呼ばれる植物から作られたお茶です。コゴメ草は、ヨーロッパでは、「目に効く薬」として、古くから使われ、古代ギリシアでは目の感染症の薬として使った記録が残っているそうです。炎症を抑える作用の...

目を老化させる原因には、目の酷使や乱れた生活習慣がありますが、紫外線もまた老眼の大きな原因の一つです。皮膚の老化の原因は80%が紫外線だと言われていますが、目についてはそこまでではないにしても、やはり紫外線によるダメージは大きいんですよ。昼間は、目も皮膚と同じように紫外線にさらされていますからね。特に、水晶体は紫外線の影響を受けすぎると、老眼だけではなくて、白く濁ってしまう白内障の原因にもなります...

老眼の症状を感じはじめた時に、対策として思い浮かぶものに老眼鏡があります。食べ物やサプリメントで栄養を摂ろうとするよりも、きっと老眼鏡で対策しようと思う人の方が多いのではないでしょうか?ただ、あまり早い時期から老眼鏡に頼ってしまうのはおすすめできません。老眼鏡に頼って、目の老化防止ケアを怠ると、目は老化していく一方だからです。ただ、現状で老眼がそれなりに進んでいるのであれば、目に余計な負担をかけな...