MENU

ランキング1位は「えんきん」↓↓↓

老眼サプリメントで

老眼の症状がでてきた。

 

 

遠くは見えるけれど、近くのものを見ようとするときにピントが合わない・・・。

 

 

サプリメントで対策できるのであれば、何か効果的なものがないか探しているんだけど・・・。

 

 

という方は老眼対策のサプリメントを選ぶ際に、注意点があるのを知っていますか?

 

 

老眼の為のサプリメントは今ではたくさんありますが、選び方を間違えるとせっかく通販で購入したとしても効果を実感することができません。

 

 

ここではそんな大失敗を避けるための参考情報を掲載していますので、一度読んでみて下さい。


老眼サプリメントに効果がない場合

老眼サプリメント【効果なし?】大失敗する選び方と通販ランキング!

ブルーベリーやビルベリー、アントシアニンなどの成分が配合されているサプリメント。

 

 

配合量をチェックして、最も配合量が高い老眼サプリメントが効果的だと思っていませんか?

 

 

実はそれ、間違いです。

 

 

サプリメントを選ぶ際には確かに配合量は重要ですが、一番重要なのは、実際に老眼サプリメントとして効果がある、というのを臨床試験などによって確認されているものです。

 

 

なぜなら、配合量だけ高くても、その成分が実際に体内で活用されるためには、サプリメントを設計・製造する段階で、それを計算して作られていなければ、実際に飲んだとしても効果は感じられないんですね。

 

 

成分の配合量ではなくて、体内での活用効率、そして臨床試験での結果。

 

 

そして、返金保証制度です。

 

 

本当に実感できる可能性が高い老眼サプリメントは返金保証制度を設けています。

 

 

とりあえず、有効とされている成分と配合量だけが多い老眼サプリメントでは、効果を実感できるかどうか分からないので、こうした返金保証制度は設けることができませんからね。

 

 

この2つが老眼サプリメントにおいても選ぶ際の基準にしなければ、おそらく成分やその配合量だけを見ても、老眼対策として実感することはできないでしょう。


老眼サプリメントランキング

ここでは、体内での活用効率と臨床試験データの有無を基準に老眼対策サプリメントをランキング形式で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

 

えんきん

老眼サプリメント【効果なし?】大失敗する選び方と通販ランキング!

 

老眼サプリメントランキング1位「えんきん」のチェックポイント

 

体内の活用効率を考えたサプリメント設計

えんきんは成分の配合量だけでなく、いかに効果的にするかを考えて作られた老眼サプリメント。

 

臨床試験データで効果を確認。

実際に臨床試験を実施して、その有効性が確認されている。

 

返金保証制度あり。

薬局やドラッグストアではない返金保証制度が通販ではあり。しかも、無期限保証。

 

 

 

 

 

めなり

老眼サプリメント【効果なし?】大失敗する選び方と通販ランキング!

 

老眼サプリメントランキング2位「めなり」のチェックポイント

 

ビルベリーの配合量が豊富

厳選した北欧のビルベリーは採用し、その配合量も業界トップクラス

 

ルテイン、ゼアキサンチンの配合量も豊富

ルテイン、ゼアキサンチンはともに紫外線やパソコン等から発する青色の光に対して有効な成分。それらの成分がしっかりと配合されています。

 

返金保証制度あり。

「めなり」も「えんきん」と同様に返金保証制度があります。しかし、めなりは無期限ではなくて、購入から15日以内の条件があります。

 

 

 

 

はっきり

老眼サプリメント【効果なし?】大失敗する選び方と通販ランキング!

 

老眼サプリメントランキング3位「はっきり」のチェックポイント

 

 

アントシアニン96mg配合

めなりよりも配合量としては劣りますが、それでもアントシアニンが96mgも配合されています。

 

 

その他栄養素も豊富(カシスエキス、黒大豆種皮エキス、菊花エキス等)

アントシアニンが含まれているブルーベリーエキス以外にも目の健康に良いとされている栄養成分がしっかりと配合されています。

 

返金保証制度がなし。

DHCの「はっきり」は「えんきん」や「めなり」のような返金保証制度はありません。大手のブランドある安心感はありますが、実感できるかどうかの不安材料としては大きいかも知れないですね。

 

 

老眼予防と改善に効果的な栄養素とサプリメント

老眼サプリメント【効果なし?】大失敗する選び方と通販ランキング!

老眼の予防のためには日頃から目の健康に貢献する栄養素の摂取が欠かせません。

 

 

ここでは老眼予防・改善に効果的な栄養素を紹介しますので、普段の食生活やサプリメントで補うことを心がけてみて下さい。

 

 

・アントシアニン

 

・ルテイン

 

・アスタキサンチン

 

・DHA

 

 

老眼とアントシアニン

アントシアニンは抗酸化作用のあるポリフェノールの一種。紫色の天然色素で、植物が太陽の紫外線から身を守るために生まれた栄養素です。

 

アントシアニンは、ロドプシンと呼ばれる目の網膜にある外部から受けた光を脳内へ映像として伝える物質の再合成を促します。

 

ロドプシンは常に分解と再合成を繰り返していますが、加齢とともに分解と再合成の遅くなるとうまく光を脳内へ映像として伝えることができずに、かすみ目やぼやけなどのピント調節機能に影響してきます。

 

 

老眼とルテイン

 

ルテインはカルテノイドと呼ばれる色素の総称のことで、ルテインもまたアントシアニンと同じく抗酸化作用に優れた栄養素です。

 

ルテインは目の水晶体や黄斑部にも存在している成分ですが、年齢とともに減少してきます。

 

さらに、体内で新たに作り出すことができないので、食事やサプリメントから摂取しなければ補うことができない栄養成分でもあります。

 

ルテインの目における役割は、目が外部から取り込んだ光によって生み出された老化要因となる活性酸素を除去する効果です。

 

活性酸素が除去されなければ、目が老化するスピードは除去されていない場合と比べて早くなってしまい、さらに老眼が進むことになってしまいます。

 

これが、ルテインが老眼の予防や改善に効果があるとされている理由です。

 

 

老眼とアスタキンサンチン

アスタキサンチンもまた抗酸化作用のある栄養成分ですが、老眼の予防・改善との関係でいえば、筋肉疲労を軽減させる効果です。

 

老眼になれば目のピント調節機能が低下しますが、ピント調節機能は目の毛様体筋と呼ばれている筋肉によって調節されています。

 

加齢とともに、この毛様体筋は衰えてきますので、できる限り負担は軽減させるのが老眼予防や改善には必要です。

 

その負担軽減のためにアスタキンサンチンは効果が期待できる栄養成分というわけです。

 

 

老眼とDHA

DHAは青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸。

 

DHAは目のスクリーンとしての役割をする網膜の40%以上を占める成分です。年齢とともに減少する網膜のDHAを補うことで老眼予防・改善に効果が期待できます。
さらに、「見る」という行為は脳とも関係しているといわれていますが、脳の働きを活発にする効果もDHAには期待できるため、脳という視点からも老眼予防や改善に効果が期待できます。

 

 

老眼とその他栄養成分

その他の老眼予防や改善に効果的な栄養成分。

 

老眼予防や改善のためには、他にもビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン類、それにミネラルなど健康そのものを維持するために必要とされる栄養成分も大切です。

 

基本的な栄養素が摂れていなければ、サプリメントでアントシアニンやルテイン、アスタキサンチンにDHAなどの老眼に効果的な栄養成分を摂ったとしても、その効果が少なくなってしまいます。

 

日々の食生活のなかで、できるだけ栄養成分のバランスがとれた食事をすることは、老眼予防や改善にはやはり重要です。


老眼を治療、回復させるためには抗酸化作用のあるサプリメントを

老眼を治療、回復させるためには、体の老化を食い止める抗酸化作用のある栄養素を摂取することが大切です。

 

 

抗酸化作用とは、老化の原因となる活性酸素を除去する作用のことで、目の老化現象である老眼遅らせるために有効とされている栄養成分です。

 

 

老眼を回復させるサプリメントとして配合されている栄養成分を見ると、必ず抗酸化作用のある栄養成分はその為です。

 

 

逆にいえば、抗酸化作用の栄養成分があまり含まれていない老眼治療、回復サプリメントである場合は購入はしない方がいいですね。

 

 

ただし、サプリメントで老眼そのものを100%治療、完全に回復させることは難しいのが実際のところです。

 

 

もちろん、日頃から抗酸化作用のある栄養成分を摂取するのと、しないのとでは今後の老眼の症状も全く違うものになります。

 

 

つまり、抗酸化作用のある栄養成分を摂取しない状態が今後も続くと、さらに老眼は悪化してきてしまいます。

 

 

ですので、抗酸化作用のある栄養成分やサプリメントを摂取するのは、老眼対策として非常に重要なポイントになります。

老眼と目の疲れの原因は違うが対策としての栄養摂取は同じ

老眼と疲れ目の症状には微妙に違うものがあります。

 

 

かすんで見えたり、ぼやけて見えたりと、目のピント調節機能が低下しているという点は共通しているのが老眼と疲れ目です。

 

 

ですが、老眼は加齢によって生じてくる症状としての結果であるという点と、疲れ目は目の酷使によってでてくる症状という点では原因に違いがあります。

 

 

対策としては、目の健康に良い成分を食事やサプリメントで摂取することに違いはありませんが、疲れ目が原因で目のピント調節機能が低下している場合は、定期的に目を休ませる時間を作ることもまた対策としては重要です。

老眼のメカニズムとサプリメント

老眼サプリメントを選ぶ際に知っておいて損はないので、老眼になるメカニズムについて、ここではそのポイントを解説したいと思います。

 

 

人間の目というのは、実は本来遠くを見るために構造が設計されています。

 

危険をすぐに察知できるようにしたり、獲物を探すために遠くが見れるようになっていました。

 

近くを見る時というのは、食事などそれほど1日のなかでも数少ない場面に限られていたんですね。

 

さて、人が近くを見るときに目のなかで何が起こっているかを知っているでしょうか?

 

目の奥には毛様体筋と呼ばれる筋肉が緊張することによって、目の水晶体は膨らんで屈折を強めます。

 

 

屈折を強めることによって、近くの物体にピントが合わせることができています。

 

しかし、加齢によって近くのピントはだんだんと合いにくくなってきます。

 

それは水晶体が膨らみにくくなってくるからなんですね。

 

 

どうして水晶体が膨らみにくくなってくるのか?といえば、水晶体自体が加齢によって硬くなってきてしまうからです。

 

 

水晶体はたんぱく質で構成されています。

 

加齢とおともに、肌や節々からだんだんとしなやかさが低下すると同じように水晶体も柔軟さが低下してきます。

 

そして、もう一つの大きな原因として、毛様体筋の衰えがあります。

 

目のピントを合わせる役割をしている毛様体筋の伸縮性が低下すると、水晶体を調節することができにくくなります。

 

 

老眼になるメカニズムとしては、水晶体と毛様体筋の老化が原因なんですね。

 

そして、サプリメントで老眼対策をする意味は、栄養を補給して老化減少の対策をができる点にあるんですね。

 

人の体が老化するというのは、体が酸化する事です。

 

老眼サプリメントはこの酸化対策として、抗酸化作用のある栄養成分がしっかりと配合されているサプリメントという事ができるんです。

老眼対策のサプリメントのまとめ

老眼対策をする場合には食事にしろ、サプリメントにしろ、目の健康に貢献する栄養摂取が欠かせません。

 

 

そして、サプリメントで老眼対策をする際には、配合されている栄養成分の質や量もまた重要になりますが、最終的に体内でどれほど活用されるのか?というのが最も重要なポイントになります。

 

 

老眼対策として、これからサプリメントを飲んでみようかな?と思う方は、この考え方を取り入れるのが、老眼対策のサプリメント選びに役立つので参考にしてみて下さいね。